ADiary

似て非なる「ココア」と「カカオ」

2020/12/29

「カカオとココア。。。同じじゃない?」

 

うんっ?

 

なんか似てるよね!?
音的にも・・・。

 

「えっ、違うの!?」

「はい、違うんです。しかも、その性質は雲泥の差ぐらい!」

 

まず、端的にいうと【カカオ】に慣れると、〖ココア〗が物足りなくなってしまうほどの「差」、そうとんでもない強烈なインパクト・・・とまぁ吹かしておきます、ここでは!

 

【カカオ】と〖ココア〗って、似て非なるもの。
今日は、その違いについて簡単にお話するね。

まず共通点としては、ベース(元)は、どちらも同じカカオ豆ね!
========================
まずは【ローカカオ】から。

とっても栄養価に富んだ食材で、ゆっくりとカカオ豆を発酵させながら、太陽の下で乾燥させたモノ。
なお、ローカカオとは、コールドプレス(低温圧搾)でローストされていない状態を指すよ。

食物繊維もさることながら、ミネラルも豊富(特に、Mg、Fe、Zn、Kなど)で、抗酸化作用もあり、フラボノイドやポリフェノール、酵素(エンザイム)も含まれているの!

Top of the world❣
世界で一番、Mg(マグネシウム)が含まれた食べ物なんだよ。

脳にも適度な刺激を与えてくれる、Good Mood Food(ご機嫌な食べ物)・・・。
アンチエイジング効果も期待できるよ!


なお、そんなカカオも当然、摂りすぎには注意が必要!
*1日当たり20gまでがMax。やはり、刺激も強いからね!
========================
一方で、あなたも普段耳にする、おなじみの〖ココア〗について。

ココアは、カカオの豆を炒って皮などを取り除き、すりつぶしたものからカカオバターを除いて粉にしたものね。つまり、「油脂成分なし」ということ!←ココ大事!

こちらは、カカオの加工プロセスにおいて、高温加熱処理されると元々あった栄養素の90%が削がれると云われています。

=========================

つまり、両者はベースはカカオ豆と同じだけれど、加工プロセスにおいて栄養価も味も、香りも食後の満足感も何もかも異なるものになるんです!

あっ、ちなみに入手先だけれど・・・

自然食品店でもなかなか見かけないので、アマゾン検索してみて!
もしくは、
iHerbでも入手できるよ!

場合によっては、スーパーなどの小売りよりもお手頃価格(品質は段違い!)で入手できるよ!!

コチラに、ローカカオを使った「スパイシーホットチョコレート」レシピもあるよ!
参考にしてみてね💕

アディナのオーガニックキッチン~ダイナミックステラ~
Facebookページも「いいね!」してください