ARecipe

自家製アーモンドミルク

【自家製アーモンドミルク】

 

アーモンドミルクは市場では、他の食品飲料問わず、玉石混合です。
イイ商品(無添加)というのは、なかなか入手できないし、そもそも流通が行き届ていない。

 

あるにはあるんですが、たとえばこちら。

しかし、

 

最近はトロミを与えるカラギーナン(増粘多糖類)が添加されることになりました。

 

今日は、自家製の無添加なるアーモンドミルクを紹介します。

 

材料(割合は1:4)
・生アーモンド・・・100g
・水     ・・・400ml
(オプション)
・自然海塩  ・・・お好み適量
・メイプルシロップ・・・お好み適量
・バニラエキストラクト・・・お好み適量

 

つくり方
①アーモンドを水に浸けて2~3倍の水うに常温で6~12時間浸けておきます。
②水を捨てて、水でアーモンドをゆすぎます。
③ミキサーにアーモンドと水を加えてミルキー状になるまで混ぜ続けます。
④ガーゼに通して、最後は搾ります。
⑤ミルクはきれいな瓶に入れて3~4日以内に使い切ってください。
*ここでオプションも混ぜて冷蔵庫の中で保管してください。
(冷凍もできます。その時は、製氷皿に入れると便利!)

 

アーモンドミルクの活用法
①できたミルクは、ケーキやアイス(ナイス)クリーム、スムージーにお使いください。

 

【ワンポイントアドバイス】

●アーモンドはローストを使えませんし、スライスもアウトです。

●ガーゼに残ったアーモンドは、クッキーなどの焼き菓子の生地に混ぜて使えます。ただし、2日以内に使い切るように。それ以降に使用する際には、冷凍してみてね。

ルーマニアのモルダビア地方やトランシルバニア地方などの郊外には、現在でも自然のサイクルなどの影響を活用した生活をしている町や村も少なくなく、自身も幼少の頃から、祖父母たちから多くの知識を受け継いで育つ。
10代の頃には「ルーマニア革命」による辛く厳しい生活を体験し、「人は誰もがハッピーになるために生まれてくるもの。
私も心身ともにハッピーに過ごしたい」という思いを次第に募らせていく。
以前から日本に興味を持ち、「武士道の国」日本の美しい生活文化や国民の精神性に憧れていた。
やがて日本人男性と結婚、生活の拠点を日本に移すことになる。
しかし、当初抱いていた日本のイメージとは違う、都会での自然の少なさや人口の多さに驚く。
その頃から、自然のサイクルに合わせた生活、「自然との共生」を目ざす。
心と身体の健康をテーマに、様々な書物をもとに学ぶようになる。
特にハーブやベリーの効果・効能については、深く学んだ。
地元ルーマニアでは珍しくなかった「自然との共生」。
日本でも共通の考えを持つ人は、エコやロハスといった表現でその数は急増している。
しかし、実際に自然の中で生活を送っている人は、まだまだ多くはありません。
たくさんの人がもっと自然の力(パワー)を知ってほしい。その偉大さを・・・。
現在は家族で北海道・東川町に移り住み、自然に囲まれた中で、自身や家族も自然のサイクルを活用した生活を送っている。
2010年から「ハーブ&ベリーガーデン」をスタートさせる。
自身が育てたもので、いろいろな製品作りに活用するために!
そして、自らが体験することで効果を実証。
今後は、多くの人が心身ともに健康で、ハッピーに過ごせるように、自然のサイクルに合わせ、「嘘、偽りのない、正直生きる」ライフスタイルを提案し、広く伝えていきます。

ほんもの料理研究家

横山 アディナ

アディナのほんものクッキング教室
Facebookページも「いいね!」してください